• 愛猫のロコモ・痛みについて愛猫のロコモ・痛みについて
  • 愛猫の痛みのサイン愛猫の痛みのサイン
  • 痛みのお薬痛みのお薬
  • お役立ちお役立ち

愛猫のロコモ・痛みについて

猫の「痛み」の主な部位・疾病

猫も、様々な要因により「痛み」を感じています。

猫の「痛み」を見つけるのに
大切なこと

「痛み」を発見し、疼痛管理を行うには、注意深く行動を観察し、身体検査を行うことが重要です。

猫は「痛み」を
隠す傾向があります

猫は外敵から身を守るなど本能的な行動から、「痛み」を隠すといわれています。

猫は“小さな犬”では
ありません

犬と猫は行動学、代謝の仕組み、薬剤反応などにおいて、根本的な違いがありますので、各々にあった処置が必要です。

行動学的な変化に
注目することが重要です

  • じゃれなくなる
  • グルーミング頻度の低下
  • 気性の変化
  • ジャンプをしなくなる
  • 爪研ぎをしなくなる

痛みはどこから来るの?

痛みの原因には、外傷、炎症、手術などがあります。
発生した痛みは、神経を通って最終的に脳に伝わって
いきます。

治療を始めなければ、
強い痛みが脳に伝わり続けます。

痛みはどうやって抑えるの??

代表的な痛みの治療薬のひとつである、
NSAID(非ステロイド系消炎鎮痛薬)を投薬すると、
痛みの強さを弱めることができます。

痛みのケアをしない限り
その原因が治るまで、
痛みは続いてしまいます。
痛みを適切にケアすることが
とても重要です。

愛猫のロコモ・痛みについて
愛猫の痛みのサイン
痛みのお薬
お役立ち
PAGE TOPへ