• 愛猫のロコモ・痛みについて愛猫のロコモ・痛みについて
  • 愛猫の痛みのサイン愛猫の痛みのサイン
  • 痛みのお薬痛みのお薬
  • お役立ちお役立ち

愛猫の痛みのサイン

猫の慢性痛のサイン

早期発見と適切な治療が重要です。関節、筋肉、じん帯などが痛い時や、癌になった時、
このような行動をすることが多く、早めに気づくことが大切です。

あたしたちは、関節が痛いときやがんになったとき、今までどおりに動けないことが多いの。“痛いのかもしれない” って早めに気づいてねあたしたちは、関節が痛いときやがんになったとき、今までどおりに動けないことが多いの。“痛いのかもしれない” って早めに気づいてね
ジャンプをしなくなった
高いところから降りられなくなった
トイレに入るのが大変になった
爪とぎをしなくなった
気性が荒くなった
じゃれなくなった
グルーミングの頻度が減った
食欲が落ちた
ジャンプをしなくなった
高いところから降りられなくなった
トイレに入るのが大変になった
爪とぎをしなくなった
気性が荒くなった
じゃれなくなった
グルーミングの頻度が減った
食欲が落ちた

爪とぎで関節の痛みをチェック

猫は爪とぎをしなくなると爪が丸く、太くなります。
爪とぎをしなくなる原因に関節の痛みが隠れていることも
ありますので、気がついたら関節などに問題がないか、
動物病院でチェックをしてもらいましょう。

猫の急性痛のサイン

あたしたち猫は、犬とはちがうサインなのよ
頭を下げ、耳を垂らし、2つの目がV字にみえるくらい吊り上げている
背中を丸め、ケージなどに背をくっつけて、静かにしている
特定の部位を触られると、うなる、引っ掻く、噛みつく、など
横になり、緊張、またはじっとしている強い痛みがある場合にみられる
あたしたち猫は、犬とはちがうサインなのよ
頭を下げ、耳を垂らし、2つの目がV字にみえるくらい吊り上げている
背中を丸め、ケージなどに背をくっつけて、静かにしている
特定の部位を触られると、うなる、引っ掻く、噛みつく、など
横になり、緊張、またはじっとしている強い痛みがある場合にみられる

手術を受けるときには、手術で起こる痛みを手術の前から予防しておき、
手術の後も抑えてあげることが大切だと言われています。

愛猫のロコモ・痛みについて
愛猫の痛みのサイン
痛みのお薬
お役立ち
PAGE TOPへ