• 愛猫のロコモ・痛みについて愛猫のロコモ・痛みについて
  • 愛猫の痛みのサイン愛猫の痛みのサイン
  • 痛みのお薬痛みのお薬
  • お役立ちお役立ち

愛猫の痛みのサイン

慢性の痛みのケアについて

関節炎などの慢性の痛みは、運動が出来る状態を維持するための、継続的な痛みのケアが重要です。
適切な運動が関節機能を守り、関節異常の進行を防ぎます。

痛みのケアと筋力の維持で関節を守る痛みのケアと筋力の維持で関節を守る

慢性の痛みのケアについて

手術、炎症、ケガなどの急性の痛みは、痛みを放置すると傷の治りが悪くなったり、痛みが強くなったりします。痛みのもとや炎症が治るまで、切れ目なく痛みを止めることが重要です。

手術の前から痛みの予防(NSAIDなど)。手術の後やケガをしたときには、原因が治るまで痛みのケアを継続(NSAIDなど)手術の前から痛みの予防(NSAIDなど)。手術の後やケガをしたときには、原因が治るまで痛みのケアを継続(NSAIDなど)

痛みのケアのポイント

前もって痛みを防ぐ

手術のときなど、痛みが発生することがわかっている場合、先手を打って痛みをコントロールすると、
手術後の痛みの程度がやわらぎます。

痛くなってしまったら…

早めに痛みに気づいてケアを始めましょう。
痛みをケアせず、放置してしまうと、痛みはどんどん強くなり、コントロールが難しくなってしまいます。

痛みは切れ目なくケアする

痛みの原因がなくなるまで、
「切らさずに・続けて」
痛みのケアを
行うことが大切です。

切れ目のない鎮痛で良い状態が保てます切れ目のない鎮痛で良い状態が保てます
愛猫のロコモ・痛みについて
愛猫の痛みのサイン
痛みのお薬
お役立ち
PAGE TOPへ